おんげーのきろく

私がプレイしているオンラインゲームでの出来事を綴る記録帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FFばとん

なんかネタに困っているところにいいものみつけたので。
ということでLilacちゃんから奪ったバトンです(ぉ


『総プレイ時間は?』
・Rayth(メイン)-152日4:00
・Wendy(サンド倉庫)-2日5:10
・Iseria(バス倉庫)-1日7:10
・Etlna(ウィン倉庫)-3:00

合計で155日くらいですかね。
基本的に寝バザとか放置してませんので、このプレイ時間ほぼフルに動いてると思われます。
その割にはレベルがひk
ええ、合成素材集めとか雑談とかばっかなので、ケケンチ稼げる活動はこの半分以下の時間ですね、確実に。
バスとサンドは倉庫作ってから長い事もあり、意外に稼働時間が長かった模様。

『最近のマイブームは?』
最近つーか昔からっつーか、競売で素材を買わずにどこまで合成上げられるのか、って事ですかね。
あとはビシージで暴れる事。
レベル低いからもっぱら死に役ですがなにか?

『過去に出会った、もっとも強烈な個性を放つキャラは?(匿名)』
初めて半年~1年くらいの頃に出会った外国人戦士かなぁ・・・・
名前もぜんぜん覚えていませんが、慣れない白魔でゲルスバ篭ってたら声掛けられまして。
PT組むなり暴走特急のごとく敵に殴りかかり・・・・
私のヒーリングなんてもちろん待ちませんから、10数匹倒したところであっけなくシボンヌ。
そのまま無言でHPへ飛んで勝手に解散。
多分、私が白魔で人と組みたくないと思った最初のきっかけであると同時に、外人と組むとろくな事がないという先入観を植え付けてくれた糞野郎です。

もう一人上げるとすれば、わがLSイベント部長のK君ですかね。
FFで戦闘をしなくてもこんなに楽しめるんだぜ!という事を私の目の前で体現してくれた貴重な人です。
多分K君がいなかったらもっと早々にFF引退していたかもしれません。

『思い出のあるエリアや具体的な場所を5箇所挙げてください』
1個目:ウィンダス森の区ダルメル牧場前
Lちゃんも上げていましたけど、やはりここが私にとっての本当のFFの始まりの場所だから。
サービス開始まもなく、オンゲー初体験で人見知りの激しい私に「仲間」というものが出来た場所ですし。
あ・・・思い出したら泣けてk

2個目:ギデアス全体
私を古くから知る人達からよく「実家」と揶揄される場所です。
オンゲーはFFが初めてだった私は、ほんと人との接し方が判らなくて、あまり人気のなかったギデアスにひたすら篭ってレベルを上げていました。
競売がなかった当時、バス出身のヒュムが見たことない武器を使っていて、
その武器が欲しくてバスに行って見たいという冒険への憧れを沸かせたり・・・
ミッションやクエストで訪れるのはいいけど、ネットの情報も少なく、地図も変えなかったビンボーな私は闇雲に歩き回って死にまくったりと、とかく思い出の絶えない場所です。

3個目:タロンギ~マウラ~船~砂丘
誰と組むわけでもなく、いつも一人で行動していて、すっかりサポレベルになっていた私を、ある方がギデアスから引っ張り出してくれました。
そして、仲間を集めて私のためにサポアイテムを集めてくれたのですが・・・
なにせサルタバルタから北にいった事のない私には、すべての世界が未知で、PTもこのとき初めて組んだような有様で。
目の前に広がる世界に驚いたり感動しながら、その人達の後を必死に追いかけていたのを今でも覚えています。
結局、その日のうちに全部は揃いませんでしたけど、翌日も手伝ってもらい無事揃えました。
照れくさくてまともにお礼言えなかった気もするけど、本当に、本当に感謝しています。

4個目:ジャグナー森林
素材狩りやソロのレベル上げでよく篭っているという事もありますが。
ここで昔LSの仲間でバカPT組んで遊んだ事がありまして。
まともにレベルのあうジョブが少なかったりもして、なかなか組む機会もなかったんですけど、このときはたまたま時間もレベルも揃ったのです。
最初はまじめに砂丘でケケンチ稼いでいたんですけど・・・・
当時の砂丘は敵なんて見かけないくらいの反響ぶりでして。
獲物少ないから移動という事になって、ジャグへ。
おいしい敵はいなかったものの、わいわい言いながら狩りを続け、時間がふけるにつれテンションがおかしな方向へ流れ始め・・・・
何故か全員装備はずして裸に素手で敵を殴ってましたw
ぎゃーぎゃー騒いで、シャウトしまくりでよく考えると迷惑以外の何者でもないですが、とても楽しかったのです。

5個目:ウィンダス港区飛空艇乗り場の岬
飛空挺パスを手にいれて、ミッションを手伝ってくれた仲間と共に最初に降り立った場所。
目の前に広がる海と、遠くに見える灯台、移り行く空の色。
FF始めて、最初の目標だった飛空挺パスを手にいれた喜びもありましたけど、
岬に座ってみんなで他愛もない雑談をしていたあの時間が、とてもとても愛しいです。
他にもいくつかの思い出があるのですが、書き出すと長くなってしまうので。

番外:天の塔・エルディーム古墳・砂丘・南グスタ
天の塔はあの静かな雰囲気がとても好きで、昔は用もないのによく訪れていました。
あそこの泉の前でボーっとしてると、なんだか心が落ち着くんですよね。
そして古墳。
限界越えの最初のネックになるパピルス・・・・
ええ、もろに引っかかりました。
来る日も来る日もジュノでメンバー集めては古墳に篭り、2週間かかっても出ないときはさすがに泣きそうでした。
ていうか厳密には出てたんだけど、全部にロット負けですね。
数十個のパピルスと限界突破者を見送り、最後の最後まで私が残ったわけです。
結局LSメンバーに助けてもらって自分の分を取りました。情けない・・・

砂丘と南グスタはシーフにとってはなじみのある例のNMですね。
何度も通っては、争奪戦を繰り広げ、倒してははずれアイテムに泣き、苦労の末に手にいれたリピブと皇帝。
この二つだけは、最後の最後まで持ち続けていたい記念すべき装備です。

『バトンを渡す5人を指名してください』
それはお断りだっ!
こういうのは基本的にむりくり回すのではなく、面白いと思った人が受け取っていくべきだというのが私の持論ですから。
なので私で止まるならそれはそれで本望です。

ええ、言われるまでもなく天の邪鬼ですよ。
スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

FFXI | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<書くことがありません。 | HOME | ぷろまみっそん再び。>>

この記事のコメント

ありがとう。あいしてるぜ
2006-07-26 Wed 00:14 | URL | kuoki #-[ 編集]
告白されちゃった(/ω\)
2006-07-26 Wed 00:28 | URL | Rayth #-[ 編集]
パピルスはほんと苦労したよねー…
ちなみにあの時最後になったのは私だったような…気がします。
お互いロット運無いものね(笑)
2006-07-26 Wed 00:34 | URL | Lilac #GWG7oyQ.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。